居宅介護支援

ケアマネージャーがこんなお悩みを持つ方の力になります

  • 介護をする側として、なかなか思い通りにならない状況にイライラしてしまう
  • 介護は肉体的にもつらく、自分の睡眠時間が確保できない
  • 他に任せられるような人もおらず、誰にも相談できないまま「自分がやらなきゃ」と考えている

このような悩みは、在宅介護をされている方がみなさん抱えているものです。

介護についての知識は「なくて当然」

仕事として介護に関わっているような人でなければ、「介護ははじめて」「経験はない」というのが当たり前です。介護保険制度はありますが、知識がほとんどない人が多いのも無理はありません。

介護に関わる情報は、年々変化しています。そうした変化をすべて理解することは難しいので、介護をはじめる段階になってあわてることになってしまいます。

ケアマネジャーが悩みの解決提案

要介護者等(利用者)の依頼を受けて、その人の健康状態や家族状況、希望などを把握し、利用者の立場にたって、ご自宅での生活が続けられるように、最も適切なサービスを組み合わせた計画(ケアプラン)を作成し、サービスの調整を行い、そのサービスが適切に受けられるように管理するという、重要な役割を担います。

介護保険制度をマスターしたケアマネージャーに相談してみませんか

えるはあとケアセンターは、在宅介護をされる方のために、介護保険制度をフル活用して介護生活の問題を解決していきます。

そのために、プロだからこそ知っていることや、できる提案がたくさんあります。

在宅で介護される場合は、保険適用で安く利用できる介護用品のレンタルや、より介護を楽にするための住宅改修がオススメです。

 

ケアプラン例